上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豆乳とは、
お豆腐にも使われている大豆を、ゆでてすりつぶし、
絞り出した乳状の液体を豆乳といいます。

豆乳は日本人には昔から馴染みの深い食品ともいえるでしょう。

豆乳のもとになる大豆は「畑の肉」とよばれ、
ローカロリーでありながらバランスよく栄養素を含んでいる
自然健康食品の代表的な食品です。

豆乳は大豆とほとんど変わらない栄養素をふくんでいます。

大豆に含まれる栄養素で
「大豆サポニン」と「大豆ペプチド」という成分がありますが、
大豆サポニンは、脂肪・糖質の吸収を遅らせてくれる成分で、
大豆ペプチドは、吸収された脂肪の燃焼を促進してくれる成分です。

大豆の加工製品のなかでも特に「豆乳」をおすすめする訳は、
「液体」だからなんです。

固形の豆腐にくらべて栄養成分の吸収に優れているんです。

そんな大豆の栄養成分に活躍してもらうためには、
毎回、食事の前に飲むことも大切なポイント!
食事の前に飲むことで、その後の食事の量も自然と少なくてすみます。

豆乳はそのまま飲んでもいいですし、
寒い冬などには、暖めて飲んでもいいですね。

そのときに、大豆本来の甘さを感じるために
砂糖やはちみつを入れないで飲んでみてくださいね。

最近では、コンビニなんかで売っているジュースにも
豆乳をくわえたものがありますので
どうしても飲みにくいという場合は、
そういった豆乳飲料を利用しても良いでしょう。

いろいろなタイプのものを日替わりで取り入れていけば
毎日飽きずに豆乳ダイエットを
続けることができるのではないでしょうか。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。